武田青果の南国土佐・高知県の厳選フルーツ「濃厚な甘さと絶妙な酸味!きんかん」

武田青果の西岡さんのきんかん

ご注文の方はこちら
特徴

古来より風邪や喉の漢方薬として
珍重されてきた金柑(きんかん)

武田青果のきんかん

小さめの果実からは
想像もできないほどの
複雑な味のハーモニー

その外観は、名前が「金の柑橘」から来ている通り、金色と見まがう美しい色彩の果実です。
小さめの果実からは想像もできないほどの複雑な味のハーモニーは糖度18度以上の甘みのある果皮と酸味の強い果実が奏でる絶妙な味のコントラストから生まれます。その豊かな味わいをお楽しみください。

「え~!?皮ごと食べるの?」

驚くことに、きんかんは果皮ごと食べる珍しい柑橘です。
初めは恐る恐る丸ごと口に入れてみると意外なほどにすっきりとした口当たり。
やがて口の中で広がる華やかな香りと爽やかな自然な甘みが広がります。
果皮をそのまま食するからこそ味わえるまさに、きんかんならではの醍醐味。果肉の爽やかな酸味がアクセントとなりきっと次々と手が伸びることでしょう。

生産地紹介

高知県室戸市室津高知県室戸市室津

高知市から車で90分、高知県室戸市室津

高知市から車で90分、高知県室戸市室津で、きんかんが栽培されています。
生産に取り組んでおられる西岡豊さんは農協の職員を51歳で退職され、平成15年からきんかん栽培を始められました。
ビニールハウスの中でもきんかんを自然の雨水だけで育てるため屋根に降った雨をビニールパイプを通って水槽へ集めポンプを使って、ハウス内のきんかんの樹に送水しています。
このビニールハウスでは最低気温は2度以上に保つため、夜明け前に3台のストーブに火をつけるなど愛情込めて栽培されています。そのためにビニールハウスを自分で立てられるなど細部までこだわり抜いているのです。
また甘いきんかんは野鳥も大好物。野鳥の被害に合わないよう、昼間、屋根のビニールを巻き上げ換気をする際も小さい目の網を張るなど最新の注意を払っておられます。
出荷の際も別の産地の選果場では機械で選果していますが、こちらでは手作業で1個1個、傷を付けないように時間をかけて丁寧に選果されています。

きんかんの誕生秘話

キンカンは中国原産で、遠州灘(静岡県沖)で1826年に中国の商船が遭難し、漂着して清水港に寄港した際に、船員が助けてくれた地元の人に砂糖漬けの金柑果実をプレゼントし、その種が育って日本で広まったと言われています。
一方鎌倉時代末か室町時代初期頃に伝わったと言う説もあり、よく分かっていません。
キンカン類は通常のみかんと比べると実が小さく、子房(しぼう)の室数が少なく、葉の葉脈(ようみゃく)が不明瞭で、葉の成分には精油が含まれているなどの理由により、みかん属とは別にキンカン属に分類されています。

くだもの栄養学

きんかんの効能ご存知ですか?

風邪予防や美肌効果!

きんかんはとっても優れものなんです!
ビタミンCが通常のみかんの2倍と多く、風邪予防や美肌効果が期待できます。
また昔から喉に良い事も広く知られており、風邪をひいたときなどにジュースや砂糖漬けにして食されてきました。
お酒に漬け込んでキンカン酒にしても、効き目があります。

きんかんの効能

昭和天皇陛下 お買い上げの店 美味しくないものは売らない。当店は、タケダの目にかなう果物がない場合、仕入れをしていません。よってご指定日に必ずお届けできない場合がございますことをお許しください。昭和天皇陛下 お買い上げの店 美味しくないものは売らない。当店は、タケダの目にかなう果物がない場合、仕入れをしていません。よってご指定日に必ずお届けできない場合がございますことをお許しください。

頼できる生産者のきんかんに限定

仕入れは、室戸市のもので、信頼できる生産者さんのものに限定しています。
選果の際は傷を付けないよう、手作業で丁寧に行っています。

西岡さん生産

度18度以上のきんかんだけを厳選

糖度18度以上のきんかんを糖度計で選別し、仕入れをしています。

きんかん写真
もういっこたべちゃおう
きんかんが広げる笑顔の食卓
きんかん画像
お誕生日に
お土産に
贈り物に
栄転に
卒業祝いに

とっても美味しい「きんかん」は、大切な先様にお届けするのに最適。

みんなで食べる

いただいた方の笑顔が思い浮かぶ、失敗のないお届け物。
それが、「きんかん」です。
あったか~い部屋で冷やしたきんかんを召し上がっていただくと、きっと自然に笑い声が上がるはずです。


のどがスッキリ!きんかんシロップ煮の作り方

〈材料〉
・きんかん 12個 ・グラニュー糖 80g

〈作り方〉
1 きんかんは、縦に切り込みを入れる。
2 鍋にきんかんを入れ、たっぷりの水を注いで強火にかける。煮立ったら金柑が柔らかくなるまで4~5分茹でる。
3 ざるに上げ冷水で洗い、水気を切って鍋に戻す。
4 鍋にひたひたの水とグラニュー糖を加えて火にかけ、煮立ったら、落としぶたをして弱火で10分ほど煮る。
5 火を消したらそのまま冷ます。

お客さまの声

【土佐文旦お買い上げ】東京都府中市のT.Yです。本日「土佐文旦」届きました。待ちきれず1つ食べました。とてもおいしかったです。ジューシーでまだ中の薄皮は、少し硬かったですがおいしかったです。有難うございました。
今年初めて、神戸の息子の所にも、頼んでありましたが、そのうち返事が来ると思います。府中のKさん、小金井のAさんも注文したいと言っておりましたが、連絡はまだないのですが、きっと喜んでいると思います。有り難うございました。

【土佐文旦お買い上げ】S.O様
先日お客様に土佐文旦をお送りしましたところ、大変喜ばれ御礼のメールをいただきました。「土佐文旦」有難うございました。

【文旦の砂糖漬けをつくりました】T様
土佐文旦の果皮を少しとって砂糖漬け風にしてみました。ほろ苦い感じで、お菓子がわりにもうずいぶん食べてしまいましたけど・・・それにしても、マーマレードも砂糖漬けも砂糖をかなり使いました。あれが全部お腹に入るかと思うと・・・そのつもりで味わっていただきます。文旦の白くて柔らかい皮は、あまり苦くないので、最近は、果肉を包んでいる袋の中心の硬いところを取って、種を出したら袋のまま食べています。特にこの間購入したのは小ぶりのものだったから剥く手間が省けています。おいしいですよ☆

きんかん
お買い物はこちら

ページ上部へ