武田青果の南国土佐・高知県の厳選くだもの「しまんと栗」

武田青果のフルーツ しまんと栗

ご注文の方はこちら

「しまんと栗」清流、四万十川に育まれた絶品。
柔らかな実、強い甘み、ホクホクの食感

ゆで栗にして良し。スイーツに仕上げて良し

ゆで栗にして良し。
スイーツに仕上げて良し。

しまんと栗は、主に銀寄栗という品種です。ふっくらとして反り返った栗です。この栗は非常に甘みが強く、ホクホクした口当たりが特徴。一口食べるだけで、他の栗との違いを実感していただけます。このため高級栗菓子で有名なマロングラッセは、ほとんどこの実で作られるほどなのです。秋の深まりを感じるなら、美味しい「しまんと栗」で、ぜひ一度ご賞味ください。

栗本来のおいしさを
お届けするために
燻蒸処理をしていません。

栗はとても、虫がつきやすい作物です。一般に市販されている栗は、栗の実の中にいる虫を殺すため、燻蒸処理をします。栗の表面の色艶が悪くなり、輝きも悪くなります。タケダは燻蒸処理をしていない栗を仕入れて販売しています。

そうすることで、栗が本来持っている味わいを損なわずに召し上がっていただけます。水槽に栗を移し、浮いている虫食い薬を除きます。残りの虫なし薬を集め、専用の貯蔵庫に出荷まで貯蔵します。安心してご注文下さい。

生産地紹介

高知県高岡郡四万十町高知県高岡郡四万十町

高知県高岡郡四万十町

高知県の中心高知市から南西へ車で2時間あまり、高知県高岡郡四万十町は、最後の清流と言われる美しい四万十川が流れる町です。豊かな自然に恵まれ、美しい水がふんだんにあります。南国高知の豊かな太陽をいっぱいに浴びて、栗の木が育っています。また山間部のため朝晩は冷え込み、甘みが凝縮されます。

縄文時代から栗は食べられていました。

栗の歴史はとても古く、縄文式の遺跡からも数多くの葉が出土しています。平安時代の初期には京都の丹波地域で栽培され始め、徐々に地域が拡大していきました。古事記や日本書紀にも登場し、平安時代の法典「延喜式」には、乾燥させて皮をむいた「搗栗子(かちぐり)」や、蒸して粉にした「平栗子(ひらぐり)」なども記されています。
日本各地で栽培されていた栗ですが、昭和16年頃に発見された害虫「クリタマバチ」による被害で日本中の栗園は大打撃を受けました。それ以降はクリタマバチに抵抗性を持つ品種が育成されて現在に至っています。
銀寄(ぎんよせ)は大阪府豊能郡歌垣村倉垣(現在の豊能郡能勢町)原産の歴史ある品種です。かつては銀由、銀善などとも言われていましたが、現在では「銀寄」で統一されています。人気の品種で、日本の栗生産の15%を占めています。

くだもの栄養学

古くから備蓄食料として
非常用にも重宝されてきました

疲労回復、風邪の予防、整腸、便秘、肌の老化防止‥

実は栗は、とても栄養バランスの良い食べ物です。便秘改善に役立つ食物繊維、風邪予防や美容の効果のあるビタミンC、疲労回復させるビタミンB1、老化防止のビタミンB2、他にもビタミンD・カルシウム・鉄分、高血圧予防や動脈硬化などに効果があるカリウムなどなど‥豊富に栄養素が含まれているんです。
また血を作る葉酸も含まれていて、貧血予防や葉酸を多く必要とする妊婦の方にも最適です。また消化吸収が良く、体内で他の食物と合わさり栄養素の吸収も助けてくれます。主成分は糖質で、ブドウ糖やショ糖も多く含むため甘みがあり、カロリー源にもなります。たんぱく質は白米と同じくらい含まれるので、古くから備蓄食料として非常用にも重宝されてきました。
栗は栄養価の高い食べ物ですが、その一方でカロリーも高いので食べ過ぎには要注意です。


昭和天皇陛下 お買い上げの店 美味しくないものは売らない。当店は、タケダの目にかなう果物がない場合、仕入れをしていません。よってご指定日に必ずお届けできない場合がございますことをお許しください。昭和天皇陛下 お買い上げの店 美味しくないものは売らない。当店は、タケダの目にかなう果物がない場合、仕入れをしていません。よってご指定日に必ずお届けできない場合がございますことをお許しください。

頼できる生産者の
しまんと栗に限定しています。

美しい果実にするため、ひとつひとつ丁寧に袋がけして育てています。燻蒸剤の影響を考慮し、薫蒸処理される前の状態でお届けさせていただきます。1個づつ水に浮かせて虫食い栗を除いてから、出荷しています。

しまんと栗
もういっこたべちゃおう
しまんと栗
しまんと栗
お誕生日に
お土産に
お礼に
お見舞いに
お祝いに

「しまんと栗」秋のご家族の団らんに

とっても美味しい「しまんと栗」は、お子様も大好物。ホクホクした優しい甘みが、お子様にピッタリです。家族みんなで召し上がってください。きっと笑みがこぼれてくるはず。「しまんと栗」のふんわりした甘みで家族みんなが幸せな気持ちになることでしょう。


皮に近い部分が甘く、芯にやや酸味があります

栗が浸るよりたっぷりの水に小さじ一杯の食塩を入れ、45分~50分茹でてから、栗を真二つに割りスプーンですくってお召し上がりください。その栗を口に頬張ると、甘~い味わいが口いっぱいに広がります。栗本来の香りがあなたのお部屋に漂います。

「しまんと栗」の保存方法
到着後、栗の貯蔵温度はセ氏0度で、家庭の冷蔵庫なら、肉や魚の貯蔵庫くらいの温度がこれに近いでしょう。栗を冬眠状態に保ちます。こうすることで収穫時の鮮度を保ち、収穫の時よりむしろ甘みを増します。栗は乾燥すると実が硬くなるので、ビニール袋の入れて保管してください。。

栗の甘露煮の作り方

【材料】
・栗 250g ・砂糖 100g  ・みりん 大さじ1 ・塩少々 ・水 200cc ・洋酒 お好みで

【作り方】
1 栗は一時間以上水につけて皮を柔らかくしておく。
2 皮と渋皮をむく。専用の皮むき器のほうが包丁よりちょっと簡単。
3 鍋に水と砂糖を入れて火にかけ、砂糖を溶かす。
4 栗を入れ煮立てないように弱めの中火で10分~15分煮る。途中アクをすくう。
5 みりん、塩を加えてさらに5分煮る。洋酒を入れるときはここでプラス栗だけを瓶に入れ、煮汁をとろりとするまでに詰めて瓶に注ぎ、フタをしてでき上がり。

お客さまの声

【しまんと栗お買い上げ】I苑さま
私どもは、和菓子用の食材を調理しているお店です。いつもは、信州、小布施の栗を加工しているのですが昨年は、武田青果さんから四万十川の中流域の【銀寄栗】を取り寄せてみました。栗きんとんや甘露煮、渋川煮といろいろなものに加工し、おせち料理にも利用しました。元の栗が新鮮で甘みが強いのでたいへん甘くて美味しいと卸したお店から絶賛していただきました。美味しい栗をどうもありがとうございました。

【しまんと栗お買い上げ】Y.Uさま
昨日くりが到着しました。この時期のものなのであまり期待しないようにしようと思っていたのですが、それを見事に裏切られました。まずは蒸し焼きでいただいたのですが、虫食いも少なく、甘みもあって、おいしかったです!!

この時期まで生栗を楽しめるなんて、栗マニアとしては最高の贅沢です。ありがとうございました。

【しまんと栗お買い上げ】S.Gさま(兵庫県在住)
とても粒が大きく、おいしい栗でした。有難うございました。

ご注文はこちらから
お買い物はこちら

ページ上部へ